【コラム】1月5日(水)の注目試合

【コラム】1月5日(水)の注目試合

※新型コロナウイルスの影響により、各試合は中止となりました。(1月5日更新)

バスケットボール – 日本 – 天皇杯

天皇杯準決勝進出が決まる!?

レギュラーシーズンのBリーグの合間に、1月5日、天皇杯準々決勝で4クラブが対戦する。

第1試合は、川崎ブレイブサンダースとアルバルク東京の今季3度目の対戦。最初の2試合は、東京でのダブルヘッダーマッチで両チームとも1勝ずつしており、互角の戦いをしている。今シーズンのBリーグは、両チームともほぼ同じような成績で、勝ち点では川崎が東京をわずかにリードしている(記事執筆時点で1ゲーム差)。また、両チームに共通しているのは、スター選手がこの時期、全力を尽くしてチームを勝利に導いていることだ。川崎は、富山グラウジーズとのカップ戦第4戦で16得点14リバウンドのダブルダブルを記録したチームの大黒柱であり、フランチャイズの要でもあるニック・ファジーカスを擁している。一方、東京は、元千葉ジェッツのスター選手で2021年BリーグファイナルMVPのセバスチャン・サイズを獲得し、今シーズン1試合平均17.3得点、11.1リバウンドで4回戦の対戦相手、大阪エヴェッサを22得点、16リバウンドと圧倒している。この2人のビッグマンがセミファイナル進出を賭けて戦うとき、試合開始直後から激しいバトルが繰り広げられることだろう。

天皇杯準々決勝の第2試合は、現在Bリーグで首位を走る琉球ゴールデンキングスと、低迷する信州ブレイブウォリアーズとの対戦。ゴールデンキングスはカップ戦も含めて10試合以上負けなしと、約2カ月にわたって好調を維持している。一方、ブレイブウォリアーズは、カップ戦第4戦のシーホース三河戦で78-69で勝利した以外は、この間、連敗を喫している。ブレイブウォリアーズのシーズンスタートは好調だったが、現在15位と低迷しており、12月に入ってからも勝利がない。ゴールデンキングスにとって、現在のBリーグ首位の座は当然であり、リーグでの好調はカップ戦にも反映されている。彼らは秋田ノーザンハピネッツに101-69で圧勝し、終始リードして天皇杯準々決勝進出を決めた。

そして、Bリーグの試合もお見逃しなく。4チームとも、カップ戦の前日と翌日にリーグ戦があるのだ。2月の準決勝に進出するのはどのチームでしょうか?どうぞお楽しみに。

試合情報

バスケットボール日本代表 – 天皇杯準々決勝

川崎ブレイブサンダース vs アルバルク東京
会場:とどろきアリーナ
ティップオフ:日本時間1月5日19時
 中止

琉球ゴールデンキングス沖縄 vs 信州ブレイブウォリアーズ
会場:沖縄アリーナ
ティップオフ:日本時間1月5日19時35分
 中止

クイーンカジノのスポーツベットで、上記の試合に賭けるための無料10ドルボーナスを手に入れよう!
詳細はこちらをチェック!

関連リンク