バドミントンアジア選手権がフィリピン・マニラ市で開催!

バドミントンアジア選手権がフィリピン・マニラ市で開催!

COVID-19の影響により、2020年、2021年と、2年連続で大会が中止となったバドミントンアジア選手権が、ついに、今年4月26日〜5月1日、マニラのムンティンルパ・スポーツ・コンプレックスで開催されることになりました!
これまで、2015年から2019年までの大会は、中国の武漢市で開催されていました。

この大会は、1962年にマレーシアのクアラルンプールで初めて開催され、1991年から毎年開催されています。大会史上、最も多くのメダルを獲得しているのは中国であり、次いでインドネシア、韓国となっています。
今年から、世界バドミントン連盟(BWF)は、ワールドツアー・スーパー500からワールドツアー・スーパー1000に格上げしました。これにより、優勝者は、世界バドミントン連盟の世界ランクで12,000ポイントを獲得するチャンスがあるため、アジアのトッププレーヤーたちがこぞって参加を表明しています。

前回の2019年大会では、日本バドミントン界のスーパースターである、桃田賢斗が男子シングルスで、山口茜が女子シングルスで、それぞれ金メダルを獲得しました。
また、男子ダブルスでも、遠藤大由・渡辺勇大ペアが優勝しました。


一方、女子ダブルスでは、陳清晨、賈一凡ペアが優勝し、ミックスダブルスでは王懿律、黄東萍のペアが優勝したため、中国に首位を立たれました。

先日閉幕した韓国マスターズ(S300)で結果を残した日本勢は、再び世界の首位に立つことができるのか、注目の試合です!

バドミントンの世界大会も、クイーンカジノでベットできます!
お気に入りのスター選手にベットして、アジア選手権をお楽しみください。(スポーツベットは、こちら

関連リンク