【2022年】全仏オープン

【2022年】全仏オープン

(5/22から6/05まで)
いよいよ、今年2回目のテニスのグランドスラム大会が開催!全仏オープンは、4月上旬から始まったテニスのクレーコート・シーズンの集大成であり、その過程でマスターズ・シリーズ、すなわちモンテカルロ・マスターズ(ATP男子大会独占)、マドリード・オープン、イタリア・オープンの3大会が開催されました。本日は、男子シングルス、女子シングルスそれぞれの大会の注目選手をチェックしていきましょう。

全仏オープンでの最大の注目選手といえば、グランドスラム大会の最多優勝記録(現在21回)、全仏オープン最多優勝記録(現在13回)を持つスペインのスーパースター、ラファエル・ナダルです。 「クレーの帝王」と呼ばれる彼は、2005年に初めてローラン・ギャロスで優勝して以来、男子シングルスで圧倒的な強さを誇っています。しかし、足の怪我の再発により、ナダルが今大会で深みのあるプレーをする可能性は低くなっています。もし、ナダルの怪我が治らず、今年の全仏オープンに100%の状態で臨めなければ、彼のトロフィー獲得はお預けになってしまうかもしれません。

今年の男子トーナメントに出場するもう一人の注目選手は、ディフェンディングチャンピオンのノバク・ジョコビッチです。ジョコビッチは、今年初めの全豪オープンをCovid-19の制限で欠場した後、今シーズンは散発的にしかプレーしていません。Covid-19ワクチンの要件を課さない試合のみに参加していました。しかし、コート外の問題によって、ジョコビッチのコート上の地位が低下するのは馬鹿げています。今シーズン、ジョコビッチは、最高レベルで戦う力を失っていないことを証明してくれました。(全仏オープンの前哨戦である今年のイタリアンオープンで優勝)グランドスラムのシングルス最多タイトル争いでライバルのナダルの後塵を拝したジョコビッチですが、今年の全仏オープンでは、最高のパフォーマンスが期待できるでしょう!

しかし、ナダル、ジョコビッチ両選手に続き注目すべきは、若きスペイン人、カルロス・アルカラス選手です。19歳のカルロス・アルカラスは、この2022年の男子シングルステニス競技において、これまで28勝3敗という抜群の成績を収め、これまで4つのトーナメントを制覇しています。最近の大会では、マドリッド・オープンでナダルとジョコビッチを破り、世界ランキング3位のアレクサンダー・ズベレフにもストレートで勝ち、決勝に進出しました。現在のアルカラスは、特にクレーコートでの調子が良く、今年の全仏オープンの優勝候補の一人として注目されています。ナダルとジョコビッチという2人のレジェンドが目の前に立ちはだかり、その他にも多くのライバルがいる中、カルロス・アルカラスがグランドスラム大会で現在示している実力を示し、その期待に応えることができるのか、注目されます!

今年の全仏オープンへの挑戦者については、現在のATP男子世界ランキングの上位5人の残りの選手も考慮に入れる必要があります。現在1位のジョコビッチのすぐ後、5位のナダルの前には、2位のダニール・メドベージェフ、3位のアレクサンダー・ズベレフ、4位のステファノス・チチパスがおり、いずれも調子が良ければトーナメントを勝ち上がってくることが予想され、優勝を狙える選手たちです。2022年全仏オープンウィナーマーケットから、全仏オープンの優勝者を選びましょう!

女子トーナメントでは、全仏オープンの優勝候補が誰なのかが、より明確です。2022年の全豪オープン優勝者で当時世界ランキング1位のアシュリー・バーティが突然引退したことで、女子のスポットライトはポーランドのスター、イガ・シフィオンテクに注がれています。 突然、20歳のスターが女子世界ランキングのトップに躍り出ましたが、彼女はこれまでの若いキャリアの中で最高のテニスプレーで応えています。シフィオンテクは現在28連勝中で、最後に負けたのは2022年2月にさかのぼります。以来、全仏オープンまでのクレーコートの大会を含め、出場したすべての大会で優勝しています。シフィオンテクは、過去に2020年大会でも優勝しており、全仏オープンの優勝を知らないわけではありません。女子テニス界で今、最高の選手であることに議論の余地はありませんが、2週間後にスザンヌ・ランラン(全仏オープン女子トロフィー)を掲げるのは、果たしてシフィオンテクになるのでしょうか?

シフィオンテクが、全仏オープン女子の優勝候補であることは間違いないでしょうが、大会を通じて同じように逆転を狙える挑戦者がいることも忘れてはいけません。女子世界ランキングのトップ10にも入っている多くのトッププレーヤーが、クレーコートのシーズンにも好成績を残しています。オンス・ジャバー、アリナ・サバレンカ、マリア・サッカリ、アネット・コンタベイトなどは、今シーズンここまでシフィオンテクに挑戦してきた選手たちです。
もう一人注目すべきは、女子ディフェンディング・チャンピオンのバーボラ・クレイチコバです。彼女は2022年はこれまで怪我に悩まされてきましたが、ローラン・ギャロスでは王座を守るために出場すると約束しています。最後に、現在は女子トップではないものの、近年WTAツアーで成功を収めているシモナ・ハレプ、大坂なおみ、ガルビネ・ムグルサといった有名選手も忘れてはなりません。いずれもローランギャロスのクレーコートで最高のゲームを展開できる実力を持っています。

2022年全仏オープンの開幕戦から決勝戦まで、ぜひチェックしましょう!男子トーナメント優勝者と女子トーナメント優勝者のベッティングマーケットを、クイーンカジノでご利用いただけます。また、大会期間中、注目の全試合を独占ライブストリーミングでご覧いただけます。
インプレー中継で試合中にベットを置き、ベットが当たれば即座に払い戻されます。
クイーンカジノで、最高の全仏オープンスポーツベットを体験しましょう!

関連リンク