NBA ファイナル 2022!

NBA ファイナル 2022!

ゴールデンステート・ウォリアーズVSボストン・セルティックス

Best of 7 games series:

第1試合:ゴールデン・ステートVSボストン(6月3日、日本時間10時)
第2試合:ゴールデン・ステートVSボストン(6月6日、日本時間09時)
第3試合:ボストン VS ゴールデンステート(6月9日、日本時間10時)
第4試合:ボストン VSゴールデン・ステート(6月11日、日本時間10時)
第5試合:ゴールデン・ステートVSボストン(6月14日、日本時間10時)(必要な場合のみ)
第6試合:ボストン VS ゴールデンステート(6月17日、日本時間10時) (必要な場合のみ)
第7試合:ゴールデン・ステートVSボストン(6月20日、日本時間09時)(必要な場合のみ)

今年もこの季節がやってきました!NBAも2チームに絞られ、ファイナルが始まります。今年のウェスタンカンファレンス覇者のゴールデンステート・ウォリアーズは、イースタンカンファレンス覇者のボストン・セルティックスと対戦し、ラリー・オブライエン・トロフィーを掲げ、今シーズンのワールドチャンピオンになるチャンスを狙っています。

コート上での成功という点では、ウォリアーズとセルティックスの両チームはNBAで最も輝かしい成績を残しているチームの一つです。近年、成功を収めているウォリアーズは、過去8シーズンで6回目のNBAファイナルに出場することになります。NBA優勝回数6回のうち、3回はこの時期に、ステフィン・カリー選手、クレイ・トンプソン選手、ドレイモンド・グリーン選手という現在の中心選手の活躍によってもたらされたものです。一方、セルティックスはこれまでのNBAシーズンを通じてより多くの成功を収め、合計17回のNBAチャンピオンシップを獲得しています。(ロサンゼルス・レイカーズと同率1位)2010年にファイナルに進出し、2008年に優勝を経験した今年のセルティックスは、ジェイソン・テイタム、ジェイレン・ブラウン、マーカス・スマートらスター選手が先頭に立ち、セルティックス・フランチャイズに再び成功をもたらすことに飢えています。

ウォリアーズとセルティックスの今年のNBAファイナルへの道のりは、どちらも正反対のものでした。ウォリアーズは、ステフィン・カリーの3ポイントシュートの強さと、ブレイクアウト・スターのジョーダン・プールの向上とチームへの貢献により、トレードマークのバスケットボールを展開し、対戦相手を圧倒する強さでシーズンをスタートさせました。レギュラーシーズンでは、ウォリアーズはリーグで2番目に優れたディフェンスチームであると同時に、1試合あたりのアシスト数で1位、3ポイントシュート数で2位となりました。プレーオフでは、1回戦のデンバー・ナゲッツ戦(4勝1敗)、カンファレンス準決勝のメンフィス・グリズリーズ戦(4勝2敗)、カンファレンス決勝のダラス・マーベリックス戦(4勝1敗)でいずれも手堅く勝利し、その活躍はプレーオフに引き継がれました。

一方、セルティックスはシーズン序盤から苦戦し、2022年の開幕時にはプレーオフを完全に逃す可能性すら見えました。しかし、先発メンバーを少し変更しただけですが、大きな収穫を得ることができ、プレーも大幅に改善されたのです。その結果、セルティックスはシーズンの残り試合を34勝12敗で終え、イースタン・カンファレンス10位からプレーオフの第2シードを獲得しました。こちらは、リーグ全体でオフェンス2位、ディフェンス1位のチームとなりました。しかし、NBAプレーオフが始まると、セルティックスは試練に立つことになりました。1回戦で優勝候補のブルックリン・ネッツに4戦全勝で快勝すると、カンファレンス準決勝で2021年王者のミルウォーキー・バックスと、カンファレンス決勝で2020年NBAファイナリストのマイアミ・ヒートと7連戦と、過酷な2つの戦いを勝ち抜きました。今回のファイナルでは、NBAのトップクラスのディフェンスとオフェンスを持つ2つのチームが、どのように互いを上回り、封じ込めようとするかが注目されます。 長距離の3ポイントシュートや、バスケットに止められないドライブが特徴的なハイオクタンのオフェンスと、コートの両端での息の詰まるようなディフェンスに期待しましょう。

クイーンカジノで、NBAファイナル2022の全試合を観戦しましょう!
スポーツベットのサイトで、第1戦のベッティングマーケットを公開中です。
また、ライブストリーミングやインプレーベッティングも利用可能です。
試合中にベットを行い、それが当たれば即座に払い戻されます。
クイーンカジノで、最高のスポーツベッティングを体験しましょう!



NBA ファイナル 2022の詳細はこちら!

関連リンク