ウィンブルドン 2022年 (6/27~ 7/10まで)

ウィンブルドン 2022年 (6/27~ 7/10まで)

テニスのグランドスラム大会として最も歴史と権威のあるウィンブルドン選手権がこれから2週間にわたって、英国で開催されます!

今年のウィンブルドン選手権は、2019年以来、観客定員を100%に戻して開催されます。昨年の大会が50%の定員制限で開催、2020年大会がCovid-19の影響で中止となっています。選手の白の衣装、英国王室の観戦、そして大会中に提供される世界的に有名なお菓子、イチゴとクリーム、観客やお祭りの復活とともに、ウィンブルドンを象徴する伝統も復活することが期待されます。

大会主催者によるロシアとベラルーシの選手の出場禁止、ATPとWTAによる大会期間中の試合に対するランキングポイントの廃止など、今年のウィンブルドンは近年で最も物議を醸す大会となりそうです。オールイングランド・クラブによる出場禁止措置は、ダニール・メドベージェフ、アンドレイ・ルブレフ、アリナ・サバレンカ、ダリア・カサトキナ、ビクトリア・アザレンカといったトッププレーヤーたちが今年の出場を逃すことを意味します。一方、ATPおよびWTAツアーのランキングポイントの廃止決定により、今年のウィンブルドンはエキシビション大会の様相を呈しています。その結果、ドミニク・ティエムや大坂なおみのように、今大会を欠場し、注目度の低い大会に出場したり(ティエム)、軽い怪我の回復のために休養したり(大坂なおみ)する選手も出てきています。

男女ともトッププレーヤーが不在とはいえ、今大会も強力な顔ぶれが揃いました。男子トーナメントでは、グランドスラムの記録保持者であるラファエル・ナダルが最も近いライバルであるノバク・ジョコビッチとロジャー・フェデラーを超えて、グランドスラム通算23勝まで記録を伸ばそうとしています。フェデラーは負傷のため欠場中であり、この2022年もここまでプレーしていません。一方、ジョコビッチはこの大会のディフェンディング・チャンピオンで、今年初、通算21個目のグランドスラム・タイトルの獲得を目指しています。この2人のライバル以外では、2021年のファイナリストであるマッテオ・ベレッティーニ、新進気鋭のカルロス・アルカラス、そして2度の優勝経験があり地元でも人気のアンディ・マリーが、今年のトロフィーを狙っています。ウィンブルドンの美しい芝生のコートで、2週間にわたって繰り広げられるハイレベルな戦いにご期待ください!

女子では、今大会の優勝候補の筆頭に挙げられる選手がいます。現在世界ランキング1位で、前回のグランドスラム大会である全仏オープンを制したイガ・スウィアテックは、今年のウィンブルドンでも連勝を狙います。スウィアテックは現在35連勝中であり、この2022年に6つのシングルスタイトルを獲得していることも忘れてはなりません。スウィアテックの快進撃を止めようとするライバルを選ぶのは難しいですが、ひとつだけ期待できるのは、このスポーツの現代の伝説の一人であるセリーナ・ウィリアムズの復帰です。2021年のウィンブルドン1回戦を途中棄権して以来、約1年間プレーしていなかったウィリアムズは、今大会でワイルドカードでの復帰を表明しました。女子テニス界で最も輝かしい記録を持つ選手の一人が、作られた物語のような帰還を果たすというのは、あまりに大きすぎる希望かもしれませんが、もしそれを実現できるとしたら、それは間違いなくセリーナ・ウィリアムズでしょう。
ウィンブルドン2022年で、セリーナ・ウィリアムズの待望の復帰や、イガ・スウィアテックの栄光への挑戦の続きをご覧ください。

2022年ウィンブルドン選手権のベッティングマーケットは、クイーンカジノで利用可能です。 男子シングルス、女子シングルス、男子ダブルス、女子ダブルス、混合ダブルスの主要競技の全試合にオッズも用意されています。
さらに、大会期間中、決勝戦までのすべての上位試合をインプレー中継とライブストリーミングでお楽しみいただけます。ウェブサイト上で試合をライブで観戦し、リアルタイムでベットを行い、それが当たれば即座に払い戻されます。
クイーンカジノで、最高のテニス・グランドスラム体験と最高のスポーツベッティングを体験しましょう!

関連リンク