第14戦 F1 – ベルギーグランプリ🇧🇪

第14戦 F1 – ベルギーグランプリ🇧🇪

2022年F1世界選手権が、今週末にスタート!

今回は、今年のベルギーグランプリで開催されるスパ・フランコルシャンサーキットへ向かいます。

レッドブルのマックス・フェルスタッペンが今季8勝目を挙げ、ドライバーズランキングとコンストラクターズランキングでそれぞれ首位とレッドブル・レーシングのリードを拡大した、昨年7月のハンガリーグランプリでドライバーたちと最後に別れました。フェルスタッペンと共にハンガロリングの表彰台に上ったのは、メルセデスのチームメイトであるルイス・ハミルトンとジョージ・ラッセルで、フランスグランプリで同じ偉業を成し遂げた後、再び2位と3位でフィニッシュしました。 フェルスタッペンはこれで258ポイントを獲得してドライバーズランキングで楽にトップに立ち、2位のフェラーリのシャルル・ルクレールは178ポイントで80ポイント差となりました。コンストラクターズランキングも同様で、レッドブルが431ポイントで首位に立ち、ライバルは334ポイントのフェラーリであります。

昨年のベルギーグランプリは、フェルスタッペンが非常に物議を醸した状況下で優勝しました。非常に悪い天候のため、レースはセーフティカーの後ろで3周のみ行われ、F1の規定通り、1周目以降の結果で最終的なレース結果が発表されました。その結果、F1史上最も短い公式レースとなり、1周目の6.88kmのみが公式レース距離としてカウントされることになりました。通常のレースで与えられるポイントの半分しか与えられず、ファステストラップも認められていません。その結果、今後同様のジレンマが生じないよう、2022年大会から極端な雨天時のレースに関するルールの変更が導入されました。
昨年のスパ・フランコルシャンの結果が頭にあるだけに、ドライバー、コンストラクターともに、今週末のレースはフル参戦、フルタイムで走ることになるだろう。昨年の勝者フェルスタッペンは、今年のレースで表彰台の座に完全にふさわしいことを証明するチャンスを得るだろう。また、新しいルールが導入されたことで、2021年のベルギーグランプリのようなことは二度と起きないはずです。同様に、タイトル争いのライバルであるシャルル・ルクレールとフェラーリも、シーズン後半を最高の形でスタートし、残りのレースで順位差を縮めたいと考えています。ルイス・ハミルトンとジョージ・ラッセルのメルセデス・コンビは、シーズン半ばに始まった好調を維持できるだろう。この2人は静かに順位を上げており、近いうちにフェラーリを抜くかもしれません。最後に、今シーズン限りでF1を引退するアストンマーティンのセバスチャン・ベッテルにとっては、ベルギーがお別れツアーの始まりとなります。16シーズンのF1キャリアを終え、数々の栄誉と記録を達成し、特にレッドブル・レーシング時代には4度の選手権タイトルを獲得しました。ベッテルとアストンマーティンはランキングトップから遠ざかっているが、シーズン残り9戦で良い結果を出すことは、伝説のドライバーのキャリアを最高の形で締めくくることにつながるでしょう。

8月26日から28日までの2022年ベルギーグランプリを観戦しましょう!
ベッティングマーケットはクイーンカジノでご利用いただけます。
そして、現在開催中のF1キャンペーンもお見逃しなく。
角田裕毅選手がトップ10、トップ3、優勝のいずれかに入賞した場合、F1プレイヤーにスペシャルボーナスがプレゼントされます!
詳しくは関連プロモーションページをご覧ください。
クイーンカジノで、最高のスポーツベッティングを体験しましょう!

F1ベルギーGPの詳細は👉こちら

関連リンク