🏁F1 – オランダ・グランプリ🇳🇱 (9/2~ 9/4)

🏁F1 – オランダ・グランプリ🇳🇱 (9/2~ 9/4)

2022年F1シーズンは今週末も続きます。

今年の世界選手権第15戦は、オランダのザントフォールトサーキットで開催されます!

1950年から1985年までF1世界選手権のカレンダーに常設されていたオランダ・グランプリは、2020年シーズンにレースカレンダーに復活するまで30年以上欠場していました。しかし、Covid-19の流行により、F1のザントフォールトサーキットへの復帰は1年後の2021年まで延期され、そこで昨シーズンの第13戦に指定されました。このサーキットでF1レースが開催されたのは1985年が最後で、2021年選手権の全ドライバーにとって、このサーキットでのレースを経験するのは初めてということになりました。

昨年のレースは、F1キャリア初のホームレースを経験したレッドブルのオランダ人マックス・フェルスタッペンが快勝しました。ポールポジションからスタートしたフェルスタッペンは、レースのほとんどをリードし続け、地元のオレンジ軍団の観衆を喜ばせながら1位を獲得しました。この勝利により、フェルスタッペンはドライバーズランキングで昨年のチャンピオンであるルイス・ハミルトンをわずかに上回りました。シーズンを通して何度も順位を入れ替え、最終的に最終戦でタイトルを決定することになりました。

一方、今シーズンはマックス・フェルスタッペンとレッドブル・レーシングにとって、ドライバーズとコンストラクターズの両チャンピオンシップの争いが存在しない状態でした。前戦ベルギー・グランプリでは、フェルスタッペンとチームメイトのセルジオ・ペレスが1位と2位を獲得し、レッドブルの1-2フィニッシュは3度目となりました。この結果、ドライバーズ選手権ではフェルスタッペン首位とペレスが2位に立ち、コンストラクターズ選手権では所属するレッドブルが2位のフェラーリに大差をつけています。フェルスタッペンは再び母国でのレースとなり、今年のオランダ・グランプリではファンの全面的な支持を得て、再びレースでの勝利が期待できます。

今シーズンのF1で、レッドブルとフェルスタッペンのチャンピオンシップに向けた進撃を止められる者はいるのだろう?残り8戦となり、ランキングでも大きくリードしているため、すでに来年のチャンピオンシップに向けて準備を進めているチームやドライバーもいるようです。それにしても、今年は本当に予想外の事件や結果を目の当たりにしました。もしかしたら、2022年の残りのレースでも、まだいくつか待ち受けているかもしれません。

今週末に開催されるF1オランダ・グランプリをお見逃しなく!
フリー走行1回目と2回目は金曜日の夕方、フリー走行3回目と予選は土曜日の夕方、そして決勝レースは日曜日の夕方に行われます。ベッティングマーケットはクイーンカジノでご利用いただけます。そして、現在開催中のF1キャンペーンもお見逃しなく!
角田裕毅選手がトップ10、トップ3、優勝のいずれかに入賞した場合、F1プレイヤーにスペシャルボーナスがプレゼントされます。
詳しくは関連プロモーションページをご覧ください。
クイーンカジノで、最高のスポーツベッティングを体験しましょう!

第15戦 F1オランダGPの詳細はこちら

関連リンク